山村拓也

February 08, 2012

Hokkaido Trip -4 ( 1/14 Last Day)

昨夜の飲み会から一夜明けて、いよいよ最終日。
昨日までは最終日の午前中は実家でゆっくり休んで帰ろうかと思っていたのに、昨夜の飲み会でみんなと別れるときに、ついつい『明日手稲で〜』と言ってしまった。

天気予報は寒気がどっかり腰を据えていて、前日までは大荒れの予報…
ところが朝起きてみるとまさかの晴れ!(高速道路から望む手稲山)
0830_IMG_2746
 
晴れ!
1000_IMG_2748

ピーカン! 
1011-1_IMG_0996
 
というワケで、俄然テンション上がった〜

山に到着すると、夕べのメンバーが勢揃い↓
(左からタクちゃん、亜早美ちゃんPACKYみずゑちゃん
1043-1_IMG_1003

北海道に来てからずーっと雪、雪、吹雪、曇のち雪、みたいな天気だったけど
神様は最後の最後に “ピーカン” というご褒美をとっておいてくたみたいです。
それでも気温が低いのは相変わらずで、この日の手稲の山頂はマイナス18°!
真冬とは言え札幌市内でこの気温はちょっと驚きです。 

ここ何日か手稲は降っていなかったので、パウダーは少なめだったけど、ゲレンデカービングも楽しいし、コース脇のちょいパウでも十分満足&満足!

と思っていたのは自分だけで、ローカルメンバー達はあくまで貪欲です。
クワッド降りたら取りあえず登ります。
1038-1_IMG_1000

山頂からは札幌市内と日本海が見渡せる絶景!
180万都市と海を見ながらスノーボード出来るなんて、他では味わうことができません。
1042-1_IMG_1002

なーんて物思いにふける暇はありません。
このメンバーと一緒だと
『次1番?…』
『次3番に行こう…』
『次は2.5?…』
『やっぱ5番じゃね〜』
てな具合に手稲用語が次から次に飛び出して
後を着いて行くだけでも大変なワケです。

最終日の僕のためにみんなが気を遣ってくれて、少しでも良さげなコースを案内してくれているので、足はパンパンになりながら必死に頑張って滑ってました。
『イェ〜』とか『フォー』と言いながらハイタッチしてたけど、笑顔は引きつってたハズ…

そんなこんなであっという間に時間は過ぎてしまい、帰る時間になってしまった。
最後に気持ちイイところに行きましょうということで、ちょっと奥まで足を伸ばしてみることに…
1146-3_IMG_1007

最後に滑ったところがココ↓
1157-1_IMG_1009

みんなが譲ってくれたノートラックのボール状の沢をタクちゃんと二人だけで滑りました。
旅のシメに最高の一本をプレゼントしてくれた仲間に感謝です。。。

北海道の山とはしばしお別れです。
次はいつ来れるかな〜
1217-1_IMG_1010

そして帰る前に手稲山の麓にあるトライアルさんにご挨拶。
P.RHYTHMがスタートしたときから取扱いしてくれている取引先で、店長のミヤちゃんには本当にお世話になっています。

ミヤちゃんとあれこれ話をしていると、今日山に来ていなかったダイちゃんからお店に電話がかかって来た。僕が山から下りて来るときにすれ違っていたようで、引き返して来るから僕に待っているようにとの連絡。待つこと15分、わざわざ山から引き返して来たダイちゃんが登場してお別れの挨拶をしてくました。その気持ちがありがたかった。

1304_IMG_2753

後ろ髪を引かれながらトライアルさんを後にして、大急ぎで一旦実家に戻ったら、既に予定の時間を1時間オーバー。大慌てで荷物をパッキングして宅急便で送り、昼飯食べたら出発の時間。

1640-1_IMG_2767

最後は少し慌ただしくなってしまったけど、北海道に居るほとんどのP.RHYTHMメンバーと滑ることができたし、初めて会った方や懐かしい人とセッションすることができた。
手稲、ルスツ、札幌国際、ニセコ、いろんな地形や雪質の違うパウダーを滑ることもできた。

今回は自分にとって本当に良い旅になりました。
みんなありがとう。

1905_IMG_2783

また次回もヨロシクです!



gakumklog at 09:30|PermalinkTrackBack(0) Share on Tumblr Clip to Evernote

February 07, 2012

Hokkaido Trip -3 ( 番外編)

ニセコから札幌に戻った翌日は一日オフ。
連日滑り続けたおかげで全身筋肉痛で 足腰パンパン。

疲れが溜まってきていたので、先輩の治療院でケアしてもらうことにした。
この先輩、実は学生の時にスキーをしている頃からのお付き合いで、これまでの人生の半分以上お世話になっている方です。
二年前に手稲でギックリ腰をやったときも鍼治療をしてもらい、すぐに回復しました。
札幌に帰ったときは顔を出してはいたものの、治療してもらうのはそのとき以来です。

IMG_2720

自宅で通っているカイロプラクティクでは、いつも腰や背骨の歪みを調整してもらっていたので、今回も足腰から背骨を見てもらおうと思いベットに横になると、先輩から思わぬ指摘が…

先輩:『ガクちゃん(←自分のニックネームです)、腰よりも首が相当重症だね〜』
自分:『エッ、そんなヒドいですか????』
先輩:『ここまで歪んでるのはマズいなぁ〜』
自分:『そんなこと言わずに、何とかしてくださいよ〜』
先輩:『治るかどうか分かんないけど、一応やってみるか〜』
自分:『オッオッオッ、お願いします。。。』

ということで、初めに針を首回りと背中にこれでもかというくらいブッ刺してもらい、筋肉の緊張をほぐします。こんな感じ↓

IMG_2724

全身をひと通りマッサージしてから、問題の首に取りかかります。
先ずは凹んでいる左側を揉みほぐしながら骨の逃げ場をつくります。
それから右側の歪んで出っ張った骨を入れ込みます。

文章で書くと簡単だけど、マッサージされている間はかなりの痛みで、先輩は相当苦労していた様子。
約一時間の格闘の末、何とか正常に近い位置に収まってくれました。

おかげで頭はスッキリ、肩が軽くなり、右側に回らなかった首がスムーズに動く。

ホントに治って良かった〜 先輩、ありがとうございました!


体調も気分も良くなったということで、早速札幌の夜の街へ繰り出しました。
と言ってもネオン輝く裏通りではなく、P.RHYTHMメンバーが集まる食事会へ向かった次第です。

場所はココ↓  スノーボーダーのマサくんがシェフを務めるチャンネルというお店です。

IMG_2728

狸小路1丁目からすぐの三角屋根が目印です。

IMG_2727

お店の中の雰囲気もオシャレな感じで…
それもそのはず、食べログの紹介では “居酒屋・ワインバー” となってますが、フレンチの創作料理のお店です。

IMG_2733
 
当初は日頃交流があるメンバーで小じんまり集まる予定が、せっかくなのでメンバーの家族やP.RHYTHMを着てくれている知り合いも呼ぼうということになり、最終的には子供も含めて総勢13人。

タクちゃんとパッキーの子供たちはみんな可愛いし、奥様方とも話すことができたし、フェイスブックやツイッターでしか交流していなかったユーザーとも実際に会うことができました。
こうして集まってくれたみんなに支えられているんだなぁ〜 とあらためて実感した。
集まってくれたみんなには、ホントに感謝です。

IMG_2740
 
それにしても、この日の札幌も本当に寒かった。
北海道弁で『シバレル〜』っていうヤツです。

とってもイイ夜でした。。。


治療院とチャンネルの詳細はコチラです↓

関鍼灸治療院
札幌市豊平区中の島2条9丁目1-20
TEL 011-826-4544
※はり・きゅう(鍼・灸) あん摩・マッサージ:保険診療可


チャンネル
札幌市中央区南3条東1丁目1-6
TEL 011-231-0324
営業時間 18:00〜翌1:00
定休 月曜日・第3月曜日



gakumklog at 21:33|PermalinkTrackBack(0) Share on Tumblr Clip to Evernote

February 06, 2012

Hokkaido Trip -1 ( 1/7〜1/10)

またもやレイトなブログアップになってしまいました。

年末から正月にかけて降り過ぎた本州を後に、さらにコンディションの良さそな北海道へ…
今回の旅のテーマはP.RHYTMのメンバーはもちろんのこと、出来るだけ多くの人と滑ること。

ということで、到着した翌日に札幌のメンバーと一緒に手稲に集合。

1/7(土) 手稲山
右からTRIALのみずゑちゃん亜早美ちゃんパッキーマサくん、そして手稲に行くと必ず遭遇するジュニアくん。パッキー&マサくんとは二年ぶりのセッションでした。
パウダーはそれほどでも無かったけど、ローカルメンバーのおかげで良いとこ案内してもらいました。
上陸初日としては、まずまずのスタートでした。

IMG_2552

1/9(月) ルスツ高原
ここはコースが広くてカービングが気持ちイイし、コース脇でパウダーも滑ることができるので、お気に入りの山です。

IMG_0961

この日のメンバーは左からみずゑちゃん、ダイちゃん、パッキー。
朝の集合から帰りの解散まで、ダイちゃん&パッキーの漫才コンビのおかげで終始お笑いモード。
パウダーは少なかったけど、それだけでもオモロカッた〜

 IMG_2580

とは言え内緒の場所まで足をのばすと、やっぱりパウダーありました。
メローな斜面だけど、気持ちよ〜くいただきました。
ちょっとだけ登り返しがあるのはご愛嬌で、好きものメンバーで2本おかわり。
程よい疲れで満足しなが休憩中↓

IMG_2585
 
最後は札幌で整体治療院をしている仲間も加わって、6人のセッションになりました。
気がつけば、あっという間に最終ゴンドラ。一日満喫しました〜

IMG_2592

1/10(火) 札幌国際
翌日はP.RHYTHMメンバーの山村拓也と二人で札幌国際へ!
この日からかなり強烈な寒波がやってきて、札幌市内でも前夜からの降雪が20cm、
国際に到着してみると、ご覧の通り↓ 30〜40cmのパウダー。。。

テンション上ってダウンヒルコースに突っ込んで行ってみると、雪が軽すぎて底突きしまくり。
全く雪の抵抗が無く、新雪の下のラインはボコボコ…
降ればイイって訳じゃないのね… 

20年以上前に年間100日以上通っていた山だったのに、雪質のことはすっかり忘れてた。
というより、こんなに軽いなんて全く記憶に残っていない。
久しぶりに本物のドライパウダーに面食らっちゃいました!

IMG_2609

タクちゃんと二人でゴンドラを回してたら、20年以上前にここで一緒に働いていた頃の先輩に遭遇!
ここでも好きモノに再会できて嬉しくなった。
20年以上前にこのマーク付いたウェア↓ 着て、毎日この山に通ってなぁ…
あの頃は、まさか自分がスノーボードをするようになるとは思ってもいなかった。
もちろん、ウェアを作ることになるとは全く想像できなかった。

IMG_2611


タクちゃんはこの後帰ってから、息子とスノーボードに行くということで、
昼過ぎまで滑ってから、国際に新しくオープンしたラーメン屋でラーメン食べて解散した。

IMG_2616

タクちゃんは相変わらずイイ動きしてたなぁ〜
最近はスケートはもちろんだけど波乗りにもどっぷりハマっていて、横乗りライフスタイルを地で行っている。
今や二児の父親で 幸せな家庭を築いている。奥様の支えがあるのはもちろんだけど、滑り続けるのは楽ではないと思う。

でもね、仕事や家庭や色々なものを背負っても、タクちゃんはずーっと横乗りし続けると思う。
とにかく横乗りが好きで好きでたまらないオーラが滲み出てる。

後ろ付いて滑っていくと、背中見てるだけでテンション上がる。
イヤ〜 それにしても、早すぎて付いて行くのがシンドカッた〜



gakumklog at 01:17|PermalinkTrackBack(0) Share on Tumblr Clip to Evernote

December 07, 2010

snowstyle 2011 Jan.

Snowstyle2011-Jan1

Snowstyle2011-Jan2

12/6に発売された Snowstyle 1月号にP.RHYTHMメンバーのインタビューが掲載されています。

今年の1月に北海道をキャンピングカートリップしながら撮影した写真が使用されています。ポスターカタログやホームページには掲載していない写真がほとんどで、撮影はすべてKEYphoto。

インタビューは本州出身の天海洋、廣田鉄平、山村拓也が 北海道に移り住んだ理由や今現在のライフスタイルを綴った内容です。

  • 天海:『明白ですよ。スノーボードしたいだけなんです。』
  • 廣田:『今はうまいこといかん、でも60(才)になったらできるターンっていうのがあんねんな。』
  • 山村:『もう完全に楽しんで滑るだけになった。一人でもパウダーさえあればいいわって。』
- 本紙インタビューから抜粋 -

とまぁ〜こんな感じのやり取りですが、6ページの記事はなかなか読み応えがあると思います。

スノースタイルさん、ありがとうざいました。
でもブランドのスペルが “P.RYTHEM” になっていました。
正しくは“P.RHYTHM”です。
今後とも宜しくお願いしま〜す。

snowstyle
www.snowstyle.tv

photographer : Key Sato
keyphotopic

天海 洋
Nseko NUTS 

廣田 鉄平
Niseko PINK HOUSE



gakumklog at 22:03|PermalinkTrackBack(0) Share on Tumblr Clip to Evernote

April 09, 2009

TSUKASA & 山村拓也 by UNKNOWN Live mag

TSUKASA&YAMATAKU-UNKNOWN
 ↑ UNKNOWN Live magazine > Feature Article
というタイトルで、アンノウン・ライブマガジンにカメラマンのTSUKASAと山村拓也の二人がショート・トリップした記事がアップされています。
雪の中にテントを張り、濃い時間を共有しながら撮影されたライディング写真と北海道の風景。


gakumklog at 01:07|PermalinkTrackBack(0) Share on Tumblr Clip to Evernote

January 07, 2009

good morning Teine!!

今シーズン2度目の大雪が降った翌日、札幌在住の廣田鉄平と山村拓也が、夜明け前からホームの手稲山をハイクアップし、ノートラックのコースを滑った映像です。
ちなみに映像に映っているボードは“MOSS SNOW STICK 58PT”。
パウダーでも全くストレスを感じないほどスムースな『魔法の板』です。



何て贅沢なんでしょう。。。
ありがとうございま〜す!!


gakumklog at 22:50|PermalinkTrackBack(0) Share on Tumblr Clip to Evernote