November 12, 2018

Manufaucturing Process of P.RHYTHM 18/19


長らくお待たせしていましたが、18/19ニューモデルがようやく来週からデリバリを開始します。
今シーズンのアウターウェアはベトナムで生産を行っていますが、先日工場に製品の進行状況と出来上がりの確認に行ってきましたので、レポートを兼ねて18/19モデルの改良したところをご紹介します。

POLARTECR NeoShellR(ネオシェル)をアウターウェア全モデルに採用するということが18/19モデルのフォーカスポイントですが、実は18/19モデルの生産にあたって、2つの大きな課題に取り組みました。
と言っても見てすぐに分かるようなデザインなどではありません。

1つ目は “縫製方法の改善” と、2つ目は “シームテープ加工の改善” です。

まずひとつ目の “縫製方法” からご説明します。
P.RHYTHMのウェアは下の写真のように「縫い目が表に出ない」縫製方法をできる限り採用しています(縫い目が見える通常の縫製をしている箇所もあります)。
縫い目が正面に出ていると、生地が擦れたり、引っ掛けたときに糸がほつれてしまうため、ほつれる可能性が低いこの縫製方法を採用しています。
しかしながら、この縫製は一般的な生地を重ねて縫い合わせる縫製方法と比較すると強度が低いのが弱点です。
この縫製方法で強度を上げるためには、狭い範囲により多くの針穴をあけて、より多くの糸で生地を縫い合わせなければなりません。
実はこの「より針穴を多くする」という作業は技術的に非常に難しものになります。
ミシンのスピードを遅くして、なおかつ針穴が狭くなりすぎないように慎重に作業しなければならないからです。
さらにミシンのスピードを遅くするということは作業効率も悪くなり、工場にとっては生産性も落ちてしまうため、なかなか受け入れてもらうことができませんでした。


これまで数シーズンに渡って交渉してきた結果、今期モデルから針穴(専門用語では運針といいますが)を多くすることができました。
3cmの距離に対してたった2針多くなるだけですが、つくり手にとっては大きな進歩といえます。
ちなみにアウトドアのトップブランドはさらに3〜4針多く縫い合わせています。

01-Stitch

02-Sawing

03-Sawing

2つ目はシームテープ加工の改善です。

これまでP.RHYTHMの製品にはすべて2cm巾のテープを使用していました。
シームテープの巾はその他に15mm、12mm、一番細いのは8mmを採用しているアウトドアブランドがあります。
シームテープ加工をしている部分は耐水性と透湿性が落ちてしまうため、アウトドアの世界では細ければ細いほど良いとされています。その理由はメインファブリックに耐水圧と透湿性が高い生地を採用しているのに、シームテープの面積が大きいほど製品の性能を損なってしまうからです。
しかしながらシームテープを細くするためには、高い加工技術が必要です。
テープが細くなればなるほど、貼り付けつける作業は難しくなり、ミスも多くなるからです。
加工する機械は数値化されてはいますが、素材や気温・湿度、加工する際の圧力や時間など、技術と経験が必要な作業です。

P.RHYTHM 18/19モデルでは、できる限り15mmのテープを採用しています。
ただし強度が必要な箇所には20mmのテープを使用しています。


04-SeamTape

05-SeamTape

数年前から通常の縫製の他に、圧着加工をしている箇所が多くなっていますが、1箇所ごとに10秒前ほど熱と圧力をかけて接着し、その後10秒ほど冷やす必要があるため、縫製するよりもはるかに時間がかかってしまいます。
06-Laminate

下の写真はレーザーで生地を裁断する装置。
フードのコードストッパーに採用している Cohaesive のパーツを取り付ける生地をレーザーでくり抜いているところです。

07-LesarMacine

裁断されたパーツをチェックしているところ。
08-Cut

製品ができあがり、最後の検品を待っているところ。
検品が終わると下げ札を取り付け包装されていきます。

09-Inspection

工場内には耐水圧と漏水を測る装置も備えています。
11-WP-TestMacine

10-Line

工場の規模は大きくはありませんが、若いスタップが多く非常に勤勉で、良いものを作ろうとする意欲が溢れていたのが印象的でした。
作業風景をショートムービーにまとめましたので、ぜひ御覧ください。



18/19モデルは11月20日から11月27日頃に全国の取扱ディーラーに納品される予定です。

gakumklog at 01:55|Permalink Share on Tumblr Clip to Evernote Products 

October 20, 2018

18/19 New Model ディーラー展示会情報(10〜11月)

NJ-201804116
Location:Niseko, Apr. 2018 / Rider:Jun Nakahara
Product:SMILE JACKET & ZUBON PANTS (18/19 Model)

このところ急に冷え込んで、北国からは雪の便りも届いてきましたが…
P.RHYTHMの18/19モデルはまだ上がってきておりません。
お待たせして大変申し訳ありませんが、しばしお待ちいただくようお願いいたします。
全国の各ショップさんではニューモデルのセールがスタートしておりますが、P.RHYTHMはサンプルで対応させていただきます。
そう言いながら、在庫は少なくなってきていますので、ニューモデルをご検討の場合は早めにチェックしてみてください。


☆Lead ASHIYA(兵庫県芦屋市)
開催期間:〜 10/21(日)

☆BELLS一宮(愛知県一宮市)
開催期間:10/19(金)〜 10/21(日)
TEL 058 643 7006
BELLS-Ichinomiya_Jamboree

☆BELLSナゴヤ(愛知県名古屋市)
開催期間:10/25(金)〜 11/4(日) 
TEL 052 413 7187
BELLS-Nagoya_Jamboree

☆SPRAY(北海道旭川市)
開催期間:10/26(金)〜 10/30(火) 
TEL 0166 33 2779‬
SPRAY-Sale

☆SIDECAR(愛知県刈谷市)
開催期間:11/2(金)〜 11/4(日) 
TEL 056 627 0051
SIDECAR-Sale

各ショップさんでは、展示会や即売会に併せてイベントや試写会なども開催されるようです。
是非足を運んでみてください。




gakumklog at 03:13|Permalink Share on Tumblr Clip to Evernote Information | Dealer

August 23, 2018

18/19 New Model ディーラー展示会情報(8〜9月)

20180107_Daichan
Location:Somewhere Hokkaido, Jan. 2018 / Rider:Daisuke Suzuki
Product:PEAK JACKET (14/15 Mode)

まだまだ暑い日が続いていますが、気がつけば8月も残すところ一週間。
9月に入るとシーズンの足音が聞こえてきそうな気がします。
頭の中が一年中雪山の人たちがソワソワし始めたようで、お盆明けから問い合わせや予約が増えて来ました。
今週末から展示会が始まりますので、Newモデルが気になっている方は早めにチェックしてみてください。

☆Lead ASHIYA(兵庫県芦屋市)
開催期間:8/25(土)〜 9/2(日)

☆REVE(群馬県前橋市)
開催期間:8/25(土)〜 9/2(日)
TEL 027 289 0139
http://www.revestore.com/

☆Relax Snowsurf Shop(埼玉県深谷市)
開催期間:9/7(金)〜 9/16(日) 
TEL 048 551 0037

☆F.JANCK(東京都千代田区)
開催期間:9/7(金)〜 9/30(日) 
TEL 03 5259 2068

☆atomoon(秋田県由利本荘市)
開催期間:9/28(金)〜 9/30(日) 
TEL 0184 74 3665


Niseko グラン・ヒラフの18/19シーズンのプロモーションムービーがアップされていました。
映像制作はニール・ハートマン、もちろんテンション上がります。是非!






gakumklog at 16:04|Permalink Share on Tumblr Clip to Evernote Information | Dealer

July 26, 2018

P.RHYTHMのウェアは自宅で洗えます

暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?

シーズンが終わってから、ディーラーさんやユーザーのみなさまからウェアのメンテナンスについての問い合わせが増えてきましたので、ウェアのメンテナンス方法についてご説明させていただきたいと思います。

「スノーボードウェアって自宅で洗濯しても大丈夫なんですか?」という質問を良く受けますが、もちろん大丈夫です。
むしろ P.RHYTHMのウェアはご自分で洗濯する ことをおすすめしています。

ウェアを長持ちさせるためには「汚れを落とす=洗う」ことが何よりも重要です。
これから洗濯方法について順を追ってご説明していきます。
  1. 洗濯する前の注意事項
  2. 使用する洗剤は?
  3. 洗濯モードは?
  4. 干し方は?
  5. 乾燥機は使用する?
  6. 撥水剤は?
  7. 何日使ったら洗濯するの?
  8. 保管方法は?

【1. 洗濯する前の注意事項】
まず洗濯する前に
以下の項目を必ずチェックしてしてください。
ファスナーが開いていたりマジックテープが付いていない状態で洗濯してしまうと、ウェアが破損したりダメージを受けることがありますのでご注意ください。
  • ポケットの中に何も入っていないことを確認してください。
  • ファスナーはすべて閉めておく
  • マジックテープは付けた状態にしておく
  • ボタン
  • ドローコード類は締め付けた状態から戻しておく

【2. 使用する洗剤は?】

洗剤は液体の中性洗剤をご使用ください。
粉末の洗剤を使用すると洗剤のカスが付着してしまうことがあり、ウェアの機能を損なう原因になります。
おすすめはアウトドアショップなどで販売されている「透湿防水素材用」の洗剤ですが、 NIKWAX と GRANGERS は特に実績もあり信頼性が高い製品です。
また個人的に使用しているのが「がんこ本舗」さんという国産のメーカーが販売している「海へ」という洗剤です。
汚れを生分解するため細かい汚れまで落ちて、尚且環境へもやさしいのが特徴です。
最近は「海へ」に改良を加えて KOSSYMIXブランド から発売されている「N10 Liquid sorp」という洗剤も使用しています。

1洗剤
左:NIKWAX テックウォッシュ / 右:KOSSYMIX N10 Liquid sorp

【3. 洗濯モードは?】
そして実際に洗濯する工程に入ります。
基本的には「手洗い」を推奨していますが、洗濯機の使用も可能です。
以下は洗濯機を使用した場合の洗濯方法になります。
  • 洗濯機を使用する場合は「手洗いモード」が「一番弱い水流」を選択してください。
  • 水の温度は30℃程度のぬるま湯か、30℃以下の水。温かいお湯は使用不可です。
  • すすぎは十分に行ってください(2〜3回程度)。
  • 脱水は水気を飛ばす程度にして、長時間使用しないようにしてください。
注)すすぎ、脱水の直後に乾燥機を使用すると、シームテープや接着箇所が剥がれてしまう可能性がありますので、この段階 で乾燥機は使用しないでください。

2洗濯機投入
15日ほど使用したウェアを洗濯機に入れたところ

3洗濯機設定
洗濯機の設定(手洗いモードのメニューが無いため、一番弱い水流に設定)

【4. 干し方は?】
長時間太陽の光が当たる場所に干すのは避けてください。生地が劣化したり変色してしまう場合がありますので、ご注意ください。
  • 軽く脱水を行った後に形を整えて「陰干し(できれば平干し)」してください。
  • 水気が完全に無くなるまで乾燥させてください。
4陰干し
写真は陰干しではありませんが、できれば平置きの陰干しを推奨


【5. 乾燥機は使用する?】
陰干しして完全に水気が無くなってから、乾燥機(
15〜20分程度)にかけてください。
乾燥機を使用するのは、乾燥させるためというよりは「撥水効果を復活させるため」です。

新品の状態の生地表面にはフッ素樹脂を蒸着させた「撥水加工」が施されています。
ウェアが汚れると、汚れが撥水加工の上やすき間に入り込んでしまい、撥水加工が押しつぶされた状態になっています。
押しつぶされた撥水加工(フッ素樹脂)を元の状態に戻すためには、熱を加えることが最も効果的です。

アイロンを使用しても熱を加えるという効果はありますが、かけ方によってムラができる可能性があります。
効率よく均一に仕上げるためには、
乾燥機を使用するのがおすすめです。

5乾燥機
写真はコインランドリーの乾燥機にかけているいるところ。
時間の目安は15〜20分程度。


【6. 撥水剤は?】
ウェアが新しいうちは上記の工程で洗濯(すすぎ、陰干し、乾燥機) を行うと、完全に新品の状態までは戻りませんが、ある程度までは撥水効果が復活します。
P.RHYTHMのウェアは30回洗濯後で初期の撥水機能の70%を維持する「超撥水加工」を施しています。
使用するコンディションや汚れ・生地表面のダメージの度合いにもよりますが、洗濯回数が10〜15回程度あれば撥水剤は不要です。
何回か洗濯して撥水しなくなった場合に、撥水剤をご使用ください。
尚、撥水剤は上記のおすすめした洗剤と同じ ブランドのものをご使用ください。
7洗濯後の撥水1
乾燥機から出してあら熱をとってから、水道水をかけて撥水状態をチェック。


8洗濯後の撥水8
拡大すると、水滴がきれいな丸になって撥水が復活しています。

9洗濯後の撥水-ALPHA
POLARTECR ALPHA を使用した ALPHA HOOD ZIP JACKET も同じ方法で洗濯しました。
写真の通り撥水機能を維持しています。

【7. 何日使ったら洗濯するの?】
汚れや使用したコンディションにもよりますが、10日くらい使用したら洗濯してください。
湿った雪や雨・みぞれには汚れが多く含まれていますので、このようなコンディションにあたった場合は撥水機能が低下していまうことがあります。
水を弾かないと感じたときは、早めのタイミングで洗濯することをおすすめします。


【8. 保管方法は?】
風通しの良い場所に、ハンガーにかけた状態で保管することをおすすめします。
折りたたんだで保管していると、生地表面の撥水加工が押しつぶされた状態になってしまうため、撥水機能が低下してしまうことがあります。
折りたたんで保管していた場合は、使用する前に1週間程度ハンガーにかけておいてからご使用ください。
新品のウェアもビニール袋から出してハンガーに数日かけておいてから使用するのがおすすめです。


スノーボードは自分でワックスかけるけど、ウェアはクリニング屋さんに出していたという人が多いのではないかと思いますが、ウェアも自分で洗ってみると不思議なことに今まで以上に愛着がわいてきます。
きれいな状態に保つことで、ウェアの機能を維持することができ、結果的に長持ちさせることにつながります。

この機会に是非、ご自宅で洗濯に挑戦してみてください。

PS. ご紹介した洗濯方法は P.RHYTHM outerwear の製品のみに該当するものになります。他メーカーの製品のクリーニング・メンテナンス方法につきましては、各メーカーにお問い合わせください。

gakumklog at 00:00|Permalink Share on Tumblr Clip to Evernote Products | Diary

July 20, 2018

18/19 New Model ディーラー展示会情報(7〜8月)

猛暑につき、暑中見舞い申し上げます。
この写真は1月の北海道のとあるBCエリアで、
吹雪の中視界が回復するのを
待っている1コマです。
気温は約-10度で
標高はそれほど高くはありませんが、強風の影響で体感温度は-15度くらいの感覚。
トップシーズンの北海道ではよくあるシチュエーション。
斜面の上で一時間ほど待っていたけど、フル装備のレイヤリングのおかげで身体が凍えるようなこともなかった。
ウェアに限らず自分がチョイスした道具に一切不安がないというのはとても大事なことで、精神的にも余裕が生まれて判断を誤るリスクを減らすことができる。
わずか30分ハイクしただけでも、雪山は天候や雪質によって危険度が高くなる。
安全に滑り降りて帰り着くことが、何よりも大事なことではないかと思います。

20180107_Shiribetsu

猛暑の最中ではありますが、18/19ニューモデルの展示会情報です。
さすがに開催箇所は少なめですが、ショップさんごとの開催期間は長くなっていますので、ゆっくり相談できるのではないかと思います。
在庫数には限りがありますので、ご検討中の方は早めにお問い合わせください。

☆A-BONY(三重県四日市市)
開催期間:7/21(土)〜 7/29(日)
TEL 0593 49 0550

☆Victoria 本店(東京都千代田区)
開催期間:8/3(土)〜 8/19(日)
TEL 03 3295 2955

☆F.JANCK(東京都千代田区)
開催期間:8/11(金)〜 8/19(日) 
TEL 03 5259 2068


全国で唯一爽やかそうな気候の北海道。
ニセコは良いシーズンを迎えているようです。
映像を観ながら涼んでください。




gakumklog at 21:44|Permalink Share on Tumblr Clip to Evernote Information | Dealer